sports sharing

フィットネスバイクでトレーニングするメリット

フィットネスバイクを使ったことはありますか。現在ジムでも自宅でもよく使われているフィットネスバイクはダイエットにとっても人気者で、よくトレーニングメニューに現れます。フィットネスバイクは有酸素運動も無酸素運動に交互にトレーニングできます。 |フィットネスバイクでトレーニングするメリット   1.明るい気分に 適度な運動は、明るく楽しい気分にさせるホルモンを分泌させます。 経験上、フィットネスバイクで運動すると、このホルモンが分泌されることが知られています。 2.心臓病を克服する サイクリングは、心臓病を克服するための最良のツールの一つです。 フィットネスバイクで定期的に運動することは、心臓に強い影響を与え、血流が速くなるため、私たちの健康にとても良いのです。 さらに、習慣的なサイクリングは、心を豊かにしてくれます。 そうしないと、血管はどんどん細くなり、心臓はどんどん劣化し、それがもたらすトラブルを晩年になって経験することになり、サイクリングがいかに完璧なものであるかを知ることになるのです。 3、高血圧の予防 また、自転車での運動は高血圧の予防にもなり、時には薬よりも効果的です。 また、太りにくく、血管が硬くなりにくく、骨の強度が半分になります。 4、効果的な体重減少 この運動は、毎日続けていれば、脂肪がなくなり、体がしっかりしてくるので、とても良いダイエット方法だと思います。 5、ボディをシェイプアップ サイクリングは体重を減らすだけでなく、より引き締まった魅力的な体型を手に入れることができます。 運動で痩せた人、あるいはダイエットをしながら運動した人は、まずダイエットだけの人よりも体型が良く、魅力的です。 運動によって得られる引き締まった筋肉や、サイクリングによって得られる小さな足首は、ダイエットで傷だらけになった姿よりずっといいものです! 6.効果的な有酸素運動 サイクリングは酸素を大量に必要とするスポーツです。 かつて、460kmのサイクリングを6日間で完走したお年寄りがいました。 高齢者は週に3回以上運動して、心臓を強化し、正常な機能を回復させる必要があります。 心臓を激しく鼓動させなければならないが、あまり長い時間鼓動させてはいけない。 そうすることで、バスに乗るときや困難な状況に抵抗するときなど、緊急事態に対応することができます。 7.精神的な明晰さが向上する 実際、サイクリングは血管を圧迫するため、血行が促進され、脳が酸素を多く取り込むので、新鮮な空気を多く取り込むことができます。 しばらく乗っていると、体がスッキリしてきます。 自分の力でできる二輪車での走行は、とても自由で爽快なものです。...

フィットネスバイクのあなたが知らないポイント、ダイエット必見!

フィットネスバイクは非常に優れた有酸素代謝運動であり、肥満防止やボディシェイプなど、健康的な効果をもたらすことが科学的に証明されています。 人気のフィットネスバイクは、スピードや抵抗を変えて行う運動です。 このエクササイズは、フィットネスバイクに座った状態、または立った状態で、時には坂道を登ったり下ったりするような自然なフィットネスバイクの動きを模倣しながら行います。 フィットネスバイクは、ジムに通う人が楽しい運動の中で筋持久力と心肺機能を効果的に強化することができ、持久力を高めながら、ダイエット目的の脂肪を大量に燃焼させることができるのです。    |フィットネスバイクのあなたが知らないポイント   構造解析 基本的には通常の自転車と同様で、ハンドル、シート、ペダル、ホイールで構成され、車体は全体としてしっかりとリンクしています。 通常の自転車とは異なり、乗り心地を調整できる構造になっています。 フィットネスバイクに乗る前に、まずシートの高さを決める。通常、この高さは、地面に立っているときの高さを基準に、太ももを持ち上げて地面と水平にし、乗るときに太ももとふくらはぎの間の角度が小さすぎないようにして、膝への負担を減らし、損傷を防げます。 次にシートの位置は、ハンドルの位置を決めるために使われ、手はハンドルバーの一番前に持って、肘は最も近いハンドルバー位置に寄りかかると、体が最も適切である。 体はコンパクトに、腕は無理なく前に伸ばします。 また、ライダーの体型に合わせてハンドルの高さを上下させることができます。   脂肪減少の原理 キネティックフィットネスバイクも他の有酸素運動と同様に、体の運動細胞を十分に活性化させた後にエネルギーを消費しながら脂肪の減少を実現するために使用します。 インストラクターによると、ダイナミックフィットネスバイクは、ジムで最も運動設備の一つであり、物理的な要件は非常に高く、通常クラスは約500カロリーを消費することができますが、また、汗をたくさん排泄、体の水の損失は非常に高速なので、タイムリーに水分補給することです。 しかし、水分がたくさん減っているからといって、「水分が減る」ことで体重が減っているわけではありません。 運動するときに心拍計を持っていけば、運動を始めた瞬間から、どこの脂肪が燃焼しているのかが正確に分かります。 脚を中心としたトレーニングでは、ヒップ、ウエスト、背中、腕の筋肉が十分に鍛えられ、有酸素運動が強化されます。   アメリカ発祥のフィットネスバイクは、アメリカン・テイストが強く、エネルギーと情熱に溢れ、25歳から35歳の方に人気があります。 しかし、海外では参加者の安全を確保するために科学的に設計されており、運動強度も完全にコントロールされているため、運動能力のある人なら誰でも参加できるスポーツとして、年齢制限はありません。 しかし、膝を痛めている人は、このスポーツに参加することはお勧めできません。走行中、膝関節にかかる摩擦が大きく、ストレスの強さも相まって、後々、怪我の可能性を生み出しやすくなるからです。 また、心臓病や高血圧の方は、高強度トレーニング中に危険な状態になる可能性があるため、参加を控えてください。   コーチングのヒント 1、フィットネスバイクの前に、トレッドミルでしばらくジョギングをしたり、体が興奮し始めたらエアロビクスをするなど、必ずウォーミングアップの時間を取ること。 これは、長い間ほぼ休眠状態にあった体が、急激な負荷や強度の上昇に適応できず、腱を伸ばす前に体を痛めやすいためです。...

フィットネスバイクをどんなペースでトレーニングすればいいか

フィットネスバイクを漕いたことはありますか。ジムでは、さまざまな方法でサイクリングをしている人をよく見かけます。 ゆっくり長く走ることに慣れた人、しばらく速く走ることに専念してあきらめた人、速いのと遅いのを組み合わせて走るのが好きな人など、さまざまです。 では、これらの乗り方による運動効果にはどのような違いがあるのでしょうか。 科学的に最も効果的なのはどれですか。      |フィットネスバイクをどんなペースでトレーニングすればいいか 長時間、ゆっくり走るサイクリング: 心拍数は最大心拍数の65%以下が目安です。 20分以上持続し、より多くの脂肪をエネルギーとして「燃やす」ので、脂肪を落とすことを目的とした肥満の方に適しています。   ラピッドサイクリング: 最大心拍数の85%以上の心拍数に達することができます。 このとき、体内では主に無酸素性のグリコーゲン分解によるエネルギー供給が行われており、全身、特に大腿筋の無酸素能力が高まり、無酸素性閾値が上がりやすくなっているのです。 つまり、激しい運動をした後の身体の不快感を遅らせることができ、より強度の高い運動に取り組んだり、強度の高い運動をより長く持続させることができるようになるのです。 また、高速サイクリングは、心肺機能の強化にもかなり有効です。   速いサイクリングと遅いサイクリングとの組み合わせ: 有酸素運動能力、無酸素運動能力、心肺機能の組み合わせに加え、運動の楽しさも加味されます。 科学的な指導と、速い運動と遅い運動をより感覚的に組み合わせることで、より良いフィットネス効果を得ることもできます。   中速サイクリング: つまり、心拍数を最大心拍数の65%~85%に保つことは、心肺機能と体の有酸素能力を鍛えるのによい方法です。 フィットネスバイクでワークアウトの際には上記を交互に行うのがベストですが、どちらかをメインとし、他を補うことでより良いワークアウトを実現することができます。   また、ジムに通いフィットネスバイクで初めて運動をするときは、漕ぐスピードはあまり速くせず、時間はだいたい20~40分、その間に疲労を感じたら、1~2分間隔でゆっくり乗って体力を回復させるとよいでしょう。 一定期間経過後、徐々に運動の強度と時間を上げていきます。    

フィットネスバイクでのトレーニングはどこに気をつけるべきか

フィットネスバイクでのトレーニングはどこに気をつけるべきか皆さんはご存知でしょうか。フィットネスバイクは一見簡単に、使うだけのフィットネス器具に見えていますが、実際注意すべき所も少なくはないです。具体的にどこに気をつけるべきか、一緒にチェックしましょう! トレーニングメニュー機能あり/なし このように、実際にエアロバイクを漕いでみると、本当に単調なんです。景色は変わらないし、ひたすらペダルを漕ぐのは退屈だし.   また、ペダルを踏み続けることに飽きた人のために、トレーニングメニューを搭載したモデルもいくつか販売されています。ペダルを徐々に重くしていく坂道や、ずっと負荷をかけていく急な坂道を再現するメニューも充実しています。   電磁ロード式フィットネスバイク 電磁式負荷装置は、負荷を多段階に変化させることができ、マグネット式よりも自然なペダリングフィールが得られるが、価格がやや高いというデメリットがある...。そして、それを上回るメリットがあるのです。   長時間連続使用可能 ダイエットや有酸素運動を続けたい方は、かなり長い時間継続して使用できる自転車を選ぶとよいでしょう。最も一般的なモデルは「30分」です。   静かにしていることで選ぶ 平地や水平な場所での使用を考えている場合は重要です。基本的にエアロビクスは非接触の負荷なので、どのバイクも静かです。特に静音性に優れたメーカーや機種がありますので、ご紹介します。   初心者におすすめ まず、エントリーモデルです。エアロバイクの種類や比較方法、選び方に迷ったら、まずこれを見てください。   高評価のamazonレビュー さらに重要なのは、購入者のレビュー投稿の評価点数を信頼できることです。レビューの平均点が高く、レビュー数が多い製品は、信頼できる製品です。   小柄な方でも乗れる 身長が低い私でも乗れるエアロバイクはありますか?→ありますね。身長150cmまでの人が乗れる自転車もいくつかあります。   折りたたみ可能かどうか エアロバイクは意外と場所をとります。単純な縦横の寸法だけでなく、前後にもある程度のスペースが必要なので、折りたたみ式は簡単に収納することができます。   ペダル負荷ステージ 負荷レベルの幅が広いモデルは、ダイエットやトレーニングに適しています。負荷レベルを10段階以上変えられるモデルもあるので、家族全員のさまざまな体格に合わせて使いたい方にはおすすめです  ...

ルームランナーで痩せることができるのか

痩せたい、健康になりたいという女性にとって、仕事や家事で運動ができないから、家に置くルームランナーを買って、時間があるときに運動するのに使うという選択をすることが多いと思いますが、ルームランナーで走ると本当に痩せるのでしょうか? 一緒に探してみましょう。   ルームランナーで痩せることができるのか?   平均的な人は1週間に150分の運動時間が必要で、平均すると毎日20分のランニングが体に良い効果をもたらすと言われています。   どれくらいの時間走るのが最も適切か、それは主に運動の目的によって異なります。 体重を減らす目的であれば、一般的に脂肪の供給が始まるのは20分以降なので、40分以上のジョギングが必要で、週に4~5回程度走ればよいでしょう。   40分が続かないのであれば、合間にしばらく早足で歩くとよいでしょう。 40分が簡単すぎるなら、高強度の有酸素運動インターバルを行えばいいのです。 20分間の高強度有酸素インターバルの減量効果は、従来の有酸素運動(ジョギングなど)40分と同等である。   ランニングによるダイエットの効果   1、病気への抵抗を減らすために実行して、トレッドミルの実行は、脳卒中や乳がんなどに抵抗することができます。   2、総合的なフィットネスレベルを維持・向上させる。 ランニングは人ができる最高の運動です。 コレステロールを高め、血栓のリスクを減らし、眠ってしまいがちな50%の肺を鍛えます。 ランニングは、リンパ球を増やすことで免疫力を高めることもできます。   3、自信を持てるようになる。 ジョギングは他のソロスポーツと同じで、自分に自信を持たせてくれます。 走ることで、何度も挑戦することができ、より強く、より確かなものにすることができるのです。 文字通り、丘を越え、障害物を越えることができるのです。 自分の体が強くなり、より使えるようになったことを実感することで、力が湧いてきて、自由になったような感覚を得ることができます。 走ることでダイエットや理想の体型を手に入れたランナーにとって、自信は貴重な財産です。  ...

フィットネスバイクに乗るときの注意点

フィットネスバイクの正しい調整方法 サドルはやや高めに設定されています。サドルは膝が少し曲がるくらいの高さが理想的です。 膝が少し曲がるくらいの高さが理想的です。 最初だけ頑張ればいいんです。最初の90度(時計の3時の位置)までペダルを踏んだら、あとは力を抜いてください。 心拍数を測定する。減量目的の場合は、心拍数が120~130程度になるように強度を調整します。 60-80の速度を維持する。 20分以上漕いでください。余裕があれば、30分以上続けてみてください。 初心者の方は、週に合計80~90分を目安にしてください。   フィットネスバイクに乗るときの注意点 有酸素運動はダイエットやストレス解消に効果的ですが、有酸素運動用バイクを使用する際には、いくつかの注意点があります。以下は、有酸素運動を行う前に目を通していただきたい有酸素運動の注意事項です。   フィットネスバイクでの注意点 (1) 体を揺らしながら漕ぐこと 体を揺らしながらペダルを踏むと、体の軸が揺れ、太ももや腰にかかるべき負荷が逃げてしまいます。疲れてきたら姿勢を正し、体幹に気を配りながら漕ぐとよいでしょう。   フィットネスバイクでサイクリングをする際の注意点 (2) 立ち漕ぎ 立っていても、フィットネスバイクでのサイクリングの効果は上がりません。立ったまま漕ぐと有酸素サイクルの故障につながるので、必ず座ったまま漕いでください。   フィットネスバイクでの注意点 ③ 身体がリラックスした状態で漕ぐこと。 フィットネスバイクを漕ぐときは、肩の力を抜いてリラックスしてください。手はハンドルだけにしてください。   フィットネスバイクの効率を上げるコツ 有酸素運動であるフィットネスバイクの脂肪燃焼効果を高めるには、筋トレと組み合わせるのがおすすめです。ダイエットメニューに有酸素運動と無酸素運動を組み合わせることで、筋肉量を増やし、基礎代謝を上げ、脚を引き締め、ヒップアップを図ることができます。  ...