kitchen

いいコーヒーを一発で淹れるやり方

おいしいコーヒーを淹れるには、さまざまな抽出方法があります。ドリップ、サイフォン、プレス、エスプレッソなどがあり、香り、酸味、コクなど、求める風味によって抽出器具や方法が異なります。 ここでは、世界で最も人気があり、求められている「ドリップ方式」を紹介します。ドリップ方法にはいくつか種類がありますが、今回は比較的簡単で、家庭でもおいしくコーヒーを淹れることができるペーパードリップをご紹介します。   ペーパードリップでおいしいコーヒーを淹れるコツは、中心から外側に向かって静かに薄くゆっくりとお湯を注ぎ、蒸らすことです。これは、コーヒーのおいしい成分を十分に抽出するための大切な工程です。 このペーパードリップフィルターは、使い捨てでお手入れが簡単な器具なので、自分でコーヒーを淹れてみたいという方におすすめです。(最近では、ペーパーフィルターを使わないエコなメッシュフィルターもあります)。   以下、コーヒーの淹れ方を詳しく説明しますが、「おいしいコーヒー」といっても、好みが分かれるところです。 コーヒーの味は、豆の種類、焙煎方法、お湯の注ぎ方、蒸らし時間などによって異なりますが、これはあくまで基本的な工程の一例です。 お気に入りのコーヒーを自分で淹れることに挑戦してほしい。 コーヒーライフを楽しんでいただきたい。     |コーヒーの淹れステップ ステップ1 お湯を沸かすのに必要な道具を用意する。 コーヒーを冷めないように、ドリッパー、サーバー、コーヒーカップはあらかじめお湯で温めておきます。   ステップ2 ペーパーフィルターを折りたたむ。 ペーパーフィルター1枚をパッケージから取り出し、説明書に従ってサイドシール部を折る。次に、底面のシールを側面シールと反対方向に折ります。 同じ方向に折らないように注意してください。   ステップ3 ペーパーフィルターを置く。 ペーパーフィルターをドリッパーに密着させるように入れます。 *指で軽く押すことができます。   ステップ4 お湯を注ぐ準備をする。 沸騰させるお湯の温度を確認する。...

2023/01/05

ウォーターサーバーの便利なところ

ウォーターサーバーは、いつでもおいしい水が飲めて、すぐにお湯を使うことができますが、常に温度管理されているということは、常に電気を使うということです。そのため、電力コストに不安が残ります。 ウォーターサーバーの導入を検討されている方の中には、「電気代がいくらかかるかわからないから、なかなか決断できない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。   今回は、ウォーターサーバーの電気代はどのくらいなのか、電気ケトルや電気水筒を使った場合の電気代と比較してお伝えしていきます。 また、ウォーターサーバーの電気代を節約する方法もご紹介します。   ウォーターサーバーは便利ですが、具体的にどのような場面で役に立つのでしょうか?そして、ウォーターサーバーのメリットをご紹介します。   すぐに使える冷水・温水 ウォーターサーバーの最大のメリットは、必要なときにすぐに冷水・温水が使えることです。 例えば、ウォーターサーバーを使わずに冷たい水を用意するには、飲料水の入ったペットボトルや容器をあらかじめ冷蔵庫で冷やしておく必要があります。また、常温の水に氷を入れれば、冷たい水を作ることもできます。 こうした準備の手間を省いて、いつでも冷たい水が飲めるようにしておきたいと感じたら、ウォーターサーバーはとても便利なものです。 また、水を冷やすために冷蔵庫のスペースを大きく取り、他の飲み物を入れるスペースが減ってしまうという状況も考えられます。 ウォーターサーバーがあれば、冷蔵庫の中に他の飲み物を入れるスペースができます。   また、いつでもお湯が使えることも特徴のひとつです。 例えば、お腹が空いたときにお湯が沸くのを待たずにカップパスタを作ったり、朝起きてすぐにカップスープを作ったりすることができます。また、ディスペンサーのお湯や水は、赤ちゃんのミルク作りにも利用できます。 また、温度調節ができるウォーターサーバーは、コーヒーや紅茶など、お湯の温度を変えたいときに大活躍します。   おいしい水を簡単に手に入れることができる ウォーターサーバーの水には、天然水と精製水の2種類があります。 天然水とは、特定の水源から汲み上げた地下水に最小限の処理(沈殿、ろ過、熱消毒)を施したものです。ピュアウォーターとは、一般的な浄水器では除去できない微細な不純物を除去するためのろ過システムを経た透明な水のことです。   前述のウォーターサーバーの場合、「うるのん」と「プレミアムウォーター」は天然水、「クリクラ」はピュアウォーターが提供されています。 天然水は軟水でミネラルを多く含み、おいしいコーヒーを淹れたり、和食に欠かせないスープの味を引き立てたりするのに適しています。不純物をほとんど含まない純水は、赤ちゃんのミルクや離乳食作りにも安心して使えます。 また、ウォーターサーバーは、良質な水をいつでも手に入れることができるのもメリットです。

お湯の温度で決まる茶の味、いい煎茶を入れるにはなにが必要

いいお茶を入れたければ、必ず必要とされるものがいくつかあります。それは例えばお湯の温度や茶葉の置き時間など、様々な条件によって影響されるものです。今日はお湯の温度で煎茶に対する影響を紹介しましょう。お湯の温度によって、お茶に成分が浸透するタイミングが決まります。   |お湯の温度で決まる茶の味 お茶の味を決める成分は、大きく3つに分けられる。 (1)風味を決めるアミノ酸、 (2)渋味を決めるカテキン、 (3)苦味を決めるカフェイン。 この3つの成分は、温度によってお湯に浸透するタイミングが異なります。   (1)の風味を決めるアミノ酸は50℃前後のお湯に溶け始め、(2)の渋みを決めるカテキンや(3)の苦味を決めるカフェインは80℃前後のお湯に溶け始める。   これらの特性をうまく利用し、それぞれのお茶の良さを引き出すことが、おいしくお茶を入れるコツなのです。   50℃など低い温度で入れたお茶は、渋みや苦みが出る前に楽しむことができ、80℃以上など高い温度で入れたお茶は、渋みや風味があるお茶に適しています。   茶葉の香りは、低温よりも高温の方がより際立つ。   |煎茶ティーバッグの淹れ方 茶葉の量 1杯につきティーバッグ1個 お湯の温度 ポットのお湯を注ぐ。 徹底的に蒸し焼きにする。 時間が来たら、茶盆を手に取り、タグで3〜4回振ってください。 そっと引き上げます。 最後に、スプーンで茶葉を絞らずにそっと引き上げます。     1  茶葉を入れる。 (4g:小さじ2杯)...

2022/12/19

美味しいお茶を入れるには何に気をつけるか

美味しいお茶はどうやって入れられるか、考えたことはありますか。お茶を入れるのはよく見かけるが、実はお湯の温度や茶葉の処理、選びなどにも関係は多々あります。それでは一緒にチェックしましょう。 |美味しいお茶を入れるには何に気おつけるか まず、お湯は必ず一度完全に沸騰させて下さい。(お茶の入れ方の重要ポイント) おいしく頂く一番のポイント(入れ方のポイント)は、やはり良い水を使うということです。 良い水とは、浄水器を通したものを使うのが一番最適ですが、カルキ臭の強い水道水は一晩くみ置いて上澄みを使うか、一度完全に沸騰させた後、更に5分以上煮沸させればカルキ臭などの臭気がとれます。 ただ、水は毎日使うものですから、おいしく頂くためにも、安全性のためにも浄水器のご使用をお奨めします。 簡単や素早さを求める方や、客へのおもてなしなどが必要とされる方は、湯冷めを待つ時間が惜しい場合、温度調節付きのウォーターサーバーなどを選ぶのも良い選択でしょう。 あともう一つの入れ方のポイントは、お茶を入れる際にポットなどから直接急須にお湯を入れるのではなく、湯呑みや湯冷まし等でお湯を冷ましてから急須に入れるように心がけましょう。 茶葉は多めに使用し、最後の一滴まで注ぎ切れば、2煎、3煎まで香味が残ります。     未開封のお茶は、袋のまま冷蔵庫で保存して下さい。なお長期保存される場合には、冷凍庫の方をお奨めします。 ※冷蔵庫等からお茶を取り出した時には、直ぐに開封すると、水滴が付き、湿気を吸ってしまいますので、しばらくおいて常温に戻してから開封してください。   封を開けたお茶は、茶缶などの密封容器に移し、冷暗所に保存しましょう。 ※気密性の高い容器に入れて冷暗所に保存すれば、冷蔵庫に入れる必要はありません。 ※どうしても冷蔵庫で保管したい場合には、他の食品からの臭いの吸着の問題、そして、上記の冷蔵庫取り出し時の結露の問題等に十分に注意しましょう。   お茶を購入する際には、100g詰め等に小分けしてもらう。   お茶は鮮度が第一。上級なものほど味の変化は早いものです。 開封されましたら、なるべくお早めに御賞味下さい。  

2022/12/14

水道水につなぐウォーターサーバーは使い易いか!

水道水を浄水するウォーターサーバーが欲しい!おすすめや人気のあるものはどれですか?と考えたことはありますか。浄水器のように、水を入れて補充するだけで便利に使えるウォーターサーバーがますます人気を集めています。 それはレンタルサービスのように、常に水桶を受け取ったり、サービスの停止などに気をつけなく、一度に買ってずっと使えるからです。   此度は水道水ウォーターサーバーとはなにかについて説明します。   水道水のウォーターサーバーは、大きく分けて2種類あります。   サーバー本体に水道水を持ち込む方法 ・自分で水を補充する水道水補充タイプ ・水道栓と繋いで使う水道直結タイプ それぞれのタイプには異なる特徴があり、ここではその違いについて詳しく説明します。   是非自分に合ったウォーターサーバーを選ぶ際のチェックポイントとしてご活用ください。   水道水補充タイプは、サーバーに水そのものを補充するタイプです。 水道水充填タイプは、ご自分の水道水をサーバーに注ぐタイプのウォーターサーバーです。 好きな場所に設置できるので、キッチンに設置するスペースがないご家庭にもおすすめです。 設置の手間や費用がかからず、簡単に設置することができます。   ただし、水の補充は自分で行う必要があります。 定期的に水を使う場合、1日に何度も給水する必要があり、手間がかかることがあります。   水道水直接供給タイプ:サーバー本体に蛇口を接続して水道水を供給します。 水道直結型は、サーバー本体に蛇口を接続して使用します。 このタイプの利点は、自分で水を補充する必要がないことです。 ウォーターステーションの場合、蛇口に分岐部品を取り付け、蛇口から約5m以内にサーバーを設置することができます。 設置方法や機種によっては、10m以上離れた場所への設置も可能です。   ただし、簡単に位置を変えることは難しいので、必ず事前に設置スペースを確認してください。  ...

コーヒーを入れる際にはどうしたらいいか、入れ方をチェック

コーヒーを自ら入れる事は、経験したことはありますか。実は、コーヒー入れは様々なものに関係してあり、例えば水の温度、水の注ぐスピード、豆の出し時間などモロども関係があります。本日はコーヒーの入れ方を一つご紹介します。   |ペーパードリップによる抽出 ペーパーフィルターは使い捨てなので、器具のメンテナンスは簡単ですが、コーヒーの抽出方法は味に影響します。 安定したおいしいコーヒーを提供するためには、ペーパードリップの基本を理解することが大切です。 ペーパーフィルターはお手入れが簡単で、コーヒーの油分や粉を取り除き、クリアな味わいを実現します。   豆の個性が簡単に、そしてダイレクトに表現され、一度マスターすれば、豆の種類によって自分で味をコントロールすることができます。     まず、適量のコーヒーを用意する。コーヒーの量の目安:お好みで調整 1杯:10~12g 2杯:約20g 3杯:約25~30g 4杯:約35~40g   ペーパーフィルター 様々な形状がありますが、ここでは円錐形のものを紹介します。 ドリッパー ドリッパーは注ぐスピードで味を調整できるのでおすすめです。 コーヒーサーバー フタと取っ手は電子レンジ対応で、温め直しも簡単です。 粉体を平坦にする 挽きたてのコーヒー粉を使い、振って平らにする。 30秒蒸す お湯を注いで、表面全体を湿らせる程度にする ミドルドリップ 粉の中心に500円玉を描くように円を描くようにお湯を落とし、何杯目であっても3分以内に注ぎ終わるようにします。 今回は一般的なペーパードリップ方式を説明しましたが、このほかにもさまざまな抽出方法があります。上表に主な抽出方法の概要を示します。 抽出方法を変えることで、気分も変わります。また、ドリップは味だけでなく、コーヒーの再現性にも大きく関わってきます。今回、ペーパードリップに挑戦したのなら、もう一度ドリップに挑戦してみてください。...

2022/12/09