sports sharing

痩せるための、ダイエットのための運動のコツ

2022/12/07
ダイエット 痩せる 運動

ダイエットをしていますか。ダイエットのためにどんなことをしたでしょうか。じつはダイエットには様々なこつがあります。しかし、どんなコツでも、運動は不可欠な一環です。特に有酸素運動はダイエットにおいて一番効果的な運動種目です。

ではダイエットのための運動のコツは何があるのでしょうか。一緒にチェックしましょう。

|ダイエットのための運動はどんなのがいいか

ダイエットのための運動のコツその1

ウォーキングやランニングなどの屋外での運動は、自宅でルームランナーを使って行うよりも10%以上多くカロリーを消費するという研究結果が出ています。 屋外では、凹凸のある縁石での摩擦が大きく、また自然の風の影響を受けて体の動きが妨げられる。

また、坂道の上り下りは不規則な動きであり、より多くのカロリーを消費するためには、身体が常にリズムを変えなければならないという事実もあります。 また、サイクリングもあり、サイクリング中の抵抗によって体が影響を受け、カロリーが消費される。

 

ダイエットのための運動のコツその2

ウォームアップ運動を重視し、多くの人々は、彼らが運動を行うために開始するときにウォームアップを好きではない、あなたが時間を節約することができると思います。 適切なウォームアップは体温を上げ、脂肪燃焼の活性を高めます。

運動中に体温が1度上昇するごとに、細胞は約13%代謝量を増加させると言われています。 運動前に5分以上の簡単で適度なウォームアップを行うことで、心拍数が徐々に上がり、筋肉が動き出し、呼吸が速くなり、体の代謝とカロリー消費が大きく促進されます。

 

ダイエットのための運動のコツその3

1回12分以上の運動 どんな運動でもカロリーを消費しますが、本当にダイエットを達成するには、少なくとも12分の運動が必要です(ウォームアップはカウントされません)。 酸素を運ぶ体の能力を高め、リパーゼなどの脂肪燃焼酵素を多く作り出すトレーニング効果をじっくりと積み上げて、運動中の消費カロリーを増やし、他のことをするエネルギーも確保しましょう。

 

ダイエットのための運動のコツその4

強度の高い運動をすれば、短時間でより多くの体内カロリーを消費することができ、結果として体重を減らすことができるのです。

短時間の高強度トレーニングは、環境の変化に対して脳が最短時間で反応するものですが、同じ時間でも、短時間の高強度トレーニングは、長時間かけてゆっくり穏やかに行うトレーニングの1.5~2倍のカロリーを消費し、その後も短期間で脂肪燃焼を継続させることができます。

 

ダイエットのための運動のコツその5

運動時間を長くする。 コロンビアのビクトリア大学の研究者は、60分の運動は30分の運動より5倍もカロリーを消費することを発見しました。 1日に1時間も運動する時間がなくても、週に1回の短時間の運動で、より多くのカロリーを消費することが可能です。それは有酸素運動のコツでもあります。

有酸素運動は色んな種目があり、サイクリング、ランニング、縄跳び、水泳、フィットネスバイクなど、自宅でも外でも、たくさん試すといいでしょう。堅持することが一番大事です。

当記事のウェブサイト:https://www.zepan.jp/blogs/sports/s26
おすすめの記事

Related Posts

キッチンにおいての豆知識
キッチンに入ると、何をどうすればいいかわからない方もさぞおおくいるのでしょう。本日はキッチンにおおいてのいくつかの豆知識をご紹介します。一緒にチェックしましょう! |キッチンにおいての豆知識 フライパンを熱く、油を冷やして調理する ...
Read More
飲食における食事構造はどういうものがあるか
食事構造とは、ある集団の食事において、一定期間に摂取される植物や動物などの食材の種類と量、およびそれらの割合の関係を指す。 その国の食料生産と加工、国民の経済所得、食習慣、体質などと関係がある。 食生活の構造は、国民の栄養レベルを反映...
Read More
栄養バランスは食べ物において大事!健康のために気をつけるべき!
栄養バランスは食べ物においてどれほど重要かは皆さんはきっとご存知でしょうか。社会・経済の発展に伴い、人々の生活水準は向上し、特に食生活が豊かになりましたが、肥満、高血糖、糖尿病、高尿酸などの問題が続出し、人々の健康に深刻な脅威を与えて...
Read More