kitchen

健康生活において栄養バランスの良い食事をどう取る

2022/11/21
健康 栄養バランス 生活 食事

健康な生活を維持するためには、健康的な食事と適度な運動が不可欠であることは周知のとおりです。では、健康を維持するためには、何を食べればいいのでしょうか。バランスの良い食事を心がけることが大切だとわかっていても、漠然としたイメージしかなく、1日に何をどれだけ摂ればいいのか、具体的にわからないという方も多いのではないでしょうか。

 健康生活において栄養バランスの良い食事をどう取る

 

|バランスの良い食事の摂り方

一、バラエティー豊かな食品、穀物系、粗いものから細かいものまで

人間には、さまざまな食べ物があります。様々な食品に含まれる栄養素は同一ではありませんが、それぞれの食品から少なくとも1つの栄養素を摂取することができます。

バランスのとれた食事は、人体が必要とするさまざまな栄養を満たし、合理的な栄養を実現し、健康を促進するために、さまざまな食品で構成されていなければなりません。

 健康生活において栄養バランスの良い食事をどう取る

穀類は人体の主要なエネルギー源です。穀類には米、麺、雑穀などがあり、主に炭水化物、タンパク質、食物繊維、ビタミンB群などを摂取することができます。穀類にこだわることで、高エネルギー、高脂肪、低炭水化物ダイエットの欠点を避けることができます。

穀類は1日の摂取量を控えめにする必要があり、成人で1日250g〜400gが適当とされています。また、粗粒と細粒に注意し、粗粒、混合粒、全粒粉を定期的に食べましょう。米や小麦は、ビタミンやミネラル、食物繊維が失われないよう、あまり細かく挽きすぎないようにしましょう。

 健康生活において栄養バランスの良い食事をどう取る

二、野菜や果物、芋類を多く摂る

人間にとって新鮮な野菜や果物は、バランスのとれた食生活を送る上で大切なものです。低エネルギーで、ビタミン、ミネラル、食物繊維、フィトケミカルの重要な供給源である。

健康生活において栄養バランスの良い食事をどう取る

じゃがいもは、でんぷん、食物繊維、多くのビタミンやミネラルを豊富に含んでいます。野菜、果物、イモ類を多く含む食事は、体を健康に保ち、腸の機能を正常に保ち、免疫力を高め、肥満、糖尿病、高血圧などの慢性疾患のリスクを低減するために重要な役割を果たします。成人の場合、1日に野菜300g~500g、果物200g~400gを食べることが推奨されており、芋類の摂取量を増やすことに注意する必要があります。

 

三、乳製品、大豆製品、またはその製品を毎日食べること

牛乳は栄養素が充実しており、消化吸収が良いのが特徴です。牛乳は、良質なたんぱく質やビタミンが豊富なことに加え、カルシウムを多く含み、利用率も高いため、食事からのカルシウム摂取に適しています。

健康生活において栄養バランスの良い食事をどう取る

牛乳は、年齢を問わず1人1日平均300mlを目安に飲むとよいとされていますが、牛乳をよく飲む人や高脂血症の傾向のある人、肥満気味の人は、低脂肪乳や脱脂乳を選ぶとよいとされています。

大豆は、良質なタンパク質、必須脂肪酸、ビタミン、食物繊維を豊富に含み、リン脂質、オリゴ糖、イソフラボンやフィトステロールなど様々な植物化学物質も含んでいます。1人あたり1日に30g~50gの大豆または同量の大豆製品を摂取することが推奨されています。

 健康生活において栄養バランスの良い食事をどう取る

四、魚、鶏肉、卵、赤身の肉を適量食べる

魚、鶏肉、卵、赤身肉などの動物性食品は、人間にとって良質なタンパク質、脂質、脂溶性ビタミン、ビタミンB群、ミネラルなどの供給源であり、バランスのとれた食事の重要な構成要素である。

動物の赤身肉は鉄分を多く含み、よく利用されている。魚は一般的に低脂肪で多価不飽和脂肪酸を多く含み、鶏肉も低脂肪で不飽和脂肪酸を多く含み、卵は良質のたんぱく質を豊富に含み、栄養素も揃っているので、経済的に良質のたんぱく質を摂取することができます。

現在、一部の都市住民は動物性食品を多く摂取しており、特に豚肉の食べ過ぎが問題になっています。魚や鶏肉を多く食べ、豚肉の摂取を控えることが大切です。動物性食品には一般に一定量の飽和脂肪酸とコレステロールが含まれており、過剰摂取は心血管疾患のリスクを高める可能性があります。

 

五、食用油の量を減らし、塩分を控えた薄味の食事を心がける

脂質は人体の重要なエネルギー源であり、必須脂肪酸の供給や脂溶性ビタミンの消化吸収を促進することができますが、脂質の過剰摂取は肥満、高脂血症、動脈硬化など多くの慢性疾患の危険因子の一つとなっています。食塩摂取量の多さは、高血圧の有病率と密接に関連しています。

食用油や塩分の過剰摂取による栄養障害を防ぐには、塩分を控えた薄味の食事をする習慣を身につけることが大切です。つまり、食事は脂っこいものや塩分の多いものを避け、動物性食品や揚げ物、燻製、漬け物などを摂り過ぎないようにすることです。

 サンドイッチは焼いて食べる

栄養バランスの良い食事を用意する方法として、一般的に知られているのがサンドイッチです。サンドイッチは、栄養価の高い朝食に最適です。サンドイッチは日によって味が異なり、栄養価の高いさまざまな食材を含み、短時間で調理できるので、朝食に最適です。また、焼けたサンドイッチは、より健康的です。自宅にタイマー付きのホットサンドメーカーを用意し、朝、材料を入れてタイマーをかければ、バタバタすることなく栄養バランスの良い朝食をとることができます。

 

 

当記事のウェブサイト:https://www.zepan.jp/blogs/kitchen/s14
おすすめの記事

Related Posts

飲食における食事構造はどういうものがあるか
食事構造とは、ある集団の食事において、一定期間に摂取される植物や動物などの食材の種類と量、およびそれらの割合の関係を指す。 その国の食料生産と加工、国民の経済所得、食習慣、体質などと関係がある。 食生活の構造は、国民の栄養レベルを反映...
Read More
栄養バランスは食べ物において大事!健康のために気をつけるべき!
栄養バランスは食べ物においてどれほど重要かは皆さんはきっとご存知でしょうか。社会・経済の発展に伴い、人々の生活水準は向上し、特に食生活が豊かになりましたが、肥満、高血糖、糖尿病、高尿酸などの問題が続出し、人々の健康に深刻な脅威を与えて...
Read More
ウォーターサーバーのレンタルと購入、どんな違いがあるか
ウォーターサーバーの使用は皆さんさぞご存知でしょうか。ウォーターサーバーに関するメリットなどの情報は誰もがいくつ口にできます。しかし、具体的にウォーターサーバーを配置しようとしているとき、一体どのようなウォーターサーバーを選べばいいか...
Read More