kitchen

栄養バランスは食べ物において大事!健康のために気をつけるべき!

2022/11/22
健康 栄養バランス 食べ物

栄養バランスは食べ物においてどれほど重要かは皆さんはきっとご存知でしょうか。社会・経済の発展に伴い、人々の生活水準は向上し、特に食生活が豊かになりましたが、肥満、高血糖、糖尿病、高尿酸などの問題が続出し、人々の健康に深刻な脅威を与えています。 では、どのように食事に合わせればよいのでしょうか。

栄養バランスは食べ物において大事!健康のために気をつけるべき!

|栄養バランスはどのように摂ればいいか

1.主食

栄養学的には、炭水化物は1日の総エネルギーの50〜60%を占めるとされているので、毎食、何かしら主食を摂ることが必要です。 主食は粗いものと細かいものを混ぜて食べるのがよく、そのうち白米と白玉粉は主食全体の50%~70%を占めるとよいでしょう。

また、春雨、ジャガイモ、タロイモ、白イモなどデンプン含有量の多い食品を食べるときは、主食の摂取量を適宜減らし、おかずとして食べるだけではいけないとされています。

 栄養バランスは食べ物において大事!健康のために気をつけるべき!

2.肉類

肉の摂取はタンパク質などの栄養素を補うことができますが、肉の摂取量のコントロールに注意し、赤身の肉を選ぶようにしましょう。 通常1食50g~150gで十分で、豚肉、牛肉・羊肉、鶏肉・鴨肉、魚・エビ、魚介類を交互に食べるとよいでしょう。

ベジタリアンの方は、肉の代わりに牛乳、卵、大豆製品を使用することができます。

栄養バランスは食べ物において大事!健康のために気をつけるべき!

3.卵

卵は一般的で栄養価が高いので、1日1~2個を目安にするとよいでしょう。 高コレステロール血症の人は、卵黄を1日1個、または隔日にするなど、少なめにするとよいでしょう。

 栄養バランスは食べ物において大事!健康のために気をつけるべき!

4.酪農

乳製品はタンパク質やカルシウムを多く含み、成人の1日の摂取量は200ml~400mlとされています。

5、植物油

植物油は安心して豪快に食べられると思っている人もいますが、実は大人が1日に摂取できる量は20g~30gです。 植物油、大豆油、ピーナッツ油、菜種油、多価不飽和脂肪酸、オリーブ油、茶油、一価不飽和脂肪の他の豊富なブレンド油の様々で、我々は食べるために交互にすることができます。

6、ナッツ

テレビを見たり、パソコンをしたり、ナッツを食べるのが好きな人は多いと思いますが、ナッツ15gを食べると、約10gの油を食べたのと同じになるので、食べ過ぎると余分な脂肪がつきやすくなります。

栄養バランスは食べ物において大事!健康のために気をつけるべき!

7、野菜

毎食、野菜を食べるようにし、いろいろな種類の野菜を交互に食べるとよく、1日の摂取量は1kg~2kgが適当です。

8、果物

果物を食べることは、1日あたり200g〜500gの総摂取量を制御するために、果物の糖度に応じてでなければなりません。特に、人々は果物の摂取量を増やすことができますが、それに応じて少ない主食を食べるために果物を食べるのが好き。

栄養バランスは食べ物において大事!健康のために気をつけるべき!

 勿論、食べ物にはしっかり処理してから食べるもの。例えば、朝起きた後の時間はいつもバタバタして、パン一枚とか、いっそ食べないことにするような方は必ずいます。しかしそのようにすると、ダイエットどころが、健康までが影響されてしまいます。

もし時間が少なければ、タイマー付きのホットサンドメーカーなど、速く熱い栄養バランスを持つものを作れる器具を手に入れるほうがおすすめでしょう。時間をもっと有効に利用して、栄養バランスよく、毎日を過ごしましょう!

当記事のウェブサイト:https://www.zepan.jp/blogs/kitchen/s18
おすすめの記事

Related Posts

水道水につなぐウォーターサーバーは使い易いか!
水道水を浄水するウォーターサーバーが欲しい!おすすめや人気のあるものはどれですか?と考えたことはありますか。浄水器のように、水を入れて補充するだけで便利に使えるウォーターサーバーがますます人気を集めています。 それはレンタルサービスの...
Read More
コーヒーを入れる際にはどうしたらいいか、入れ方をチェック
コーヒーを自ら入れる事は、経験したことはありますか。実は、コーヒー入れは様々なものに関係してあり、例えば水の温度、水の注ぐスピード、豆の出し時間などモロども関係があります。本日はコーヒーの入れ方を一つご紹介します。   |ペーパードリ...
Read More
お茶出しのマナー、おもてなしを注目
社会人になると、ビジネスマナーや来客の対応などを学びますが、まず学ぶべきはお茶の出し方のマナーです。単にお茶を出すだけと思われがちですが、お茶の入れ方から出し方まで、細かいマナーが決められているのです。  日本にはさまざまなお茶があり...
Read More