News sharing

クロアチア戦の無念は次につなぐ力、スポーツ運動は終点がない

2022/12/06
スポーツ 運動

スポーツは私たちの生活にとても関係があり、それはサッカーに限らず、、運動して健康を維持することは大事です。 特にこのような不穏なコロナ下では、体を動かすことはとても重要なステップです。 ジムに通うにしても、家でトレーニングするにしても、体を動かし続けることが大切です。

クロアチア戦の無念は次につなぐ力、スポーツ運動は終点がない
2022年12月5日、カタールワールドカップで日本は残念ながらクロアチアに敗れました。 キャプテンの吉田麻也を先頭に、選手たちは半円を描いてピッチを囲んだ。毎年恒例となったこのイベントで、選手たちは頭を下げ、拍手をし、サポーターに感謝の気持ちを伝えました。相手の選手たちは、とっくにドレッシングルームに帰っていた。クロアチアに敗れた後、選手たちは泣きそうになりながらピッチを歩いていた。

クロアチア戦の無念は次につなぐ力、スポーツ運動は終点がない

「サポーターが主役になることはできない。それでも、選手たちからのリスペクトは感じられた。東京都にお住まいの高田真理子さん(40歳)は、こう語る。 年間100試合は観戦し、好きなチームはないそうです。彼女がこれまで応援してきたのは、日本代表チームだけだ。

彼女の祖父はハワイ生まれで、アイデンティティに大きなこだわりを持っていた。でも、日本にいるときは、あまり考えないようにしています。ワールドカップは、4年に1度会う友人たちと、日本人であることを実感できる瞬間を共有する場です。

クロアチア戦の無念は次につなぐ力、スポーツ運動は終点がない

ここ数日、日本代表は立て続けに素晴らしい試合を見せてくれました。 サポーターの「日本」コールは揺るがない。カタールでは、この応援が他国のサポーターの間でも話題になっている。
私たちもアスリートに習って、常に体を動かしてウイルスに対抗できる体調を保つべきでしょう。

当記事のウェブサイト:https://www.zepan.jp/blogs/news/s1
次の記事へ:ありません