sports sharing

ダイエットにも停滞期!?体重が変わらなくなったらどうしよう!

2022/11/25
ダイエット 体重 停滞期

あなたはダイエットの停滞期と呼ばれる時期を経験したことがありますか?いくらダイエットしても、痩せるのが難しい、キープするのが難しい、リバウンドするのが難しいというのを覚えていますか?実は、ダイエットの停滞期には様々な理由がありますので、これからご紹介していきます。

ダイエットにも停滞期!?体重が変わらなくなったらどうしよう!

|順調に減っていた体重が急に変わらなくなる減量期は、なぜ起こるのでしょうか

 

ここでは、プラトーが発生する3つの主な原因について説明します。自分の状況と照らし合わせて、その理由を探ってみてください。原因を突き止めるようにする。

 ダイエットにも停滞期!?体重が変わらなくなったらどうしよう!

1.摂取カロリーの不足による恒常性維持機能の活性化

減量停滞の原因として、まず考えられるのは、恒常性維持機能の活性化です。恒常性維持機能とは、自律神経系、内分泌系、免疫系などの臓器のバランスを保ち、体内環境を一定に保とうとする機能である。

その結果、身体をコントロールし、少ないカロリーでも重要な活動ができるようになるため、体重の減少が止まり、停滞期が発生するのです。

ダイエットにも停滞期!?体重が変わらなくなったらどうしよう!

2.筋肉量の低下による基礎代謝の低下

食事制限だけで痩せようとする人は注意が必要です。摂取カロリーが不足すると、体内で筋肉が分解され、エネルギーに変換されます。

 

このように筋肉量が減少すると、基礎代謝はどんどん低下していきます。やがて、それまでの摂取カロリーと消費カロリーがアンバランスになり、場合によっては体が停滞期に入る。

 ダイエットにも停滞期!?体重が変わらなくなったらどうしよう!

この場合、リバウンドが発生する可能性もありますので、ご注意ください。

 

3.ホルモンバランスの変化

女性はホルモンバランスの周期的な変化により、一時的に停滞期を迎えることがあります。これは、2つの女性ホルモンのうちの1つであるプロゲステロンによるものです。プロゲステロンには、妊娠に備えて体内の水分や脂肪を蓄積させる性質があります。

 ダイエットにも停滞期!?体重が変わらなくなったらどうしよう!

排卵日前後はプロゲステロンの分泌量が増加しますが、それ以外は排卵後にエストロゲンの分泌量が減少するため、相対的にプロゲステロンの働きが高まります。これらの理由から、月経前の約2週間に体重減少困難が発生することは避けられないのです。

また、ストレスが多かったり、薬を服用したりしてホルモンバランスが崩れると、生理のタイミングに関係なく、体重が減りにくくなることがあります。

ダイエットにも停滞期!?体重が変わらなくなったらどうしよう!

| 停滞期に陥ってはどうしましか

ダイエットの停滞期はトレーニングされる筋肉が「癖」を生ずる可能性があります。その場合は、いつもやっているスポーツを変えてはいかがでしょうか。例えば普段ランニングをする方はジムに行って筋トレやフィットネスバイクなどに試して、普段フィットネスバイクで練習している方にはランニング、あるいは縄跳び、水泳などに試してはいかがでしょうか。大事なのはやはり絶え間ず練習をすることです。もう一度頑張りましょう!

当記事のウェブサイト:https://www.zepan.jp/blogs/sports/s24
おすすめの記事

Related Posts

コーヒーを入れる際にはどうしたらいいか、入れ方をチェック
コーヒーを自ら入れる事は、経験したことはありますか。実は、コーヒー入れは様々なものに関係してあり、例えば水の温度、水の注ぐスピード、豆の出し時間などモロども関係があります。本日はコーヒーの入れ方を一つご紹介します。   |ペーパードリ...
Read More
お茶出しのマナー、おもてなしを注目
社会人になると、ビジネスマナーや来客の対応などを学びますが、まず学ぶべきはお茶の出し方のマナーです。単にお茶を出すだけと思われがちですが、お茶の入れ方から出し方まで、細かいマナーが決められているのです。  日本にはさまざまなお茶があり...
Read More
茶葉によって温度が違う!日本茶、玉露はどう入れる
お茶をよく飲んでおられますか。私たちは普段お茶を飲んでも、じっくりと時間をかけて茶葉から抽出された日本茶の風味は格別です。実は同じお茶でも、淹れ方によって香りや味わいのバランスが大きく変わるのです。これがお茶の面白いところであり、奥深...
Read More