sports sharing

高齢者はどんな有酸素運動を選べばいいか

2022/12/14
有酸素 有酸素運動 運動 高齢者

有酸素代謝運動のポイントは、一定の運動量を確保することと、継続的に行うことであることが研究により明らかになっています。 成人はスポーツを選択的に参加することで、適度な有酸素代謝運動を実現することができます。しかし、高齢者はどのような有酸素運動を選べば、傷つくことなく、無事に運動を取ることが出来るでしょうか。

高齢者はどんな有酸素運動を選べばいいか

|高齢者はどんな有酸素運動を選べばいいか

 体重高めの高齢者は、自分の好きなものを選ぶことができ、運動プロジェクトを行うために付着しやすい、運動量は自分の条件に適している必要があり、運動の頻度は、一般的に3〜5回/週、各運動20〜60分であることができます。

高齢者はどんな有酸素運動を選べばいいか

運動の強さは有効な心拍数の限界に達する必要があり、1分あたり110拍の最初の心拍数は、1-3週間後に、徐々に1分あたり140拍に上昇することができ、適切である。 こうすることで、1拍あたりの出力が最適に近くなり、結果がより明確になります。

高齢者はどんな有酸素運動を選べばいいか

皆さん、健康な体と心のために、積極的に有酸素運動をしましょうね。

一般的な有酸素運動は、ジョギング、早歩き、スケート、水泳、サイクリング、太極拳、エアロビックダンス、縄跳び、米びつ、卓球など。無酸素運動は、ランニング、ウェイトリフティング、投てき、高飛び、幅飛び、綱引き、プライオメトリックトレーニングなど。

 高齢者はどんな有酸素運動を選べばいいか

ジムでも自宅でも外でもいい、有酸素運動を欠かせてはいけません。なぜなら脂肪が減って初めて筋肉の形が見えるのですから。

有酸素運動はフィットネスだけでなく、筋肉に対するダメージ回復を考慮し、再び体にプレッシャーやダメージがかかりすぎないようなスポーツがいいでしょう。例えばフィットネスバイクなどがおすすめです。

高齢者はどんな有酸素運動を選べばいいか

高齢者にとって、傷つかないまま、トレーニングの可能が一番優先するべきこと。フィットネスバイクでは、膝に負担をかからないだけでなく、そとで運動するリスクもなく、自転車を学ぶ必要すらありません。当然ジムに行ってわからない機材に惑わされることもないでしょう。

同時にフィットネスバイクは自宅で天候の影響にもされず、ながらトレーニング、つまりテレビなどを見ながら、あるいは家族とおしゃべりながらも、トレーニングすることができます。

高齢者はどんな有酸素運動を選べばいいか

ともかく、健康のためであれ、ダイエットのためであっても、有酸素運動は高齢者にとって欠かせないこと。注意をはらい、しっかり堅持して、コツコツとやりましょう!

当記事のウェブサイト:https://www.zepan.jp/blogs/sports/s31
おすすめの記事

Related Posts

いいコーヒーを一発で淹れるやり方
おいしいコーヒーを淹れるには、さまざまな抽出方法があります。ドリップ、サイフォン、プレス、エスプレッソなどがあり、香り、酸味、コクなど、求める風味によって抽出器具や方法が異なります。 ここでは、世界で最も人気があり、求められている「ド...
Read More
ウォーターサーバーの便利なところ
ウォーターサーバーは、いつでもおいしい水が飲めて、すぐにお湯を使うことができますが、常に温度管理されているということは、常に電気を使うということです。そのため、電力コストに不安が残ります。 ウォーターサーバーの導入を検討されている方の...
Read More
お湯の温度で決まる茶の味、いい煎茶を入れるにはなにが必要
いいお茶を入れたければ、必ず必要とされるものがいくつかあります。それは例えばお湯の温度や茶葉の置き時間など、様々な条件によって影響されるものです。今日はお湯の温度で煎茶に対する影響を紹介しましょう。お湯の温度によって、お茶に成分が浸透...
Read More