sports sharing

運動してダイエットするのはどんなメリットがあるか

2022/12/19
運動

運動してダイエットすることはしたことはありますか。よくダイエットしたくても、どこからどうやって切り込むのもわからないかたも多いでしょう。ざっと運動してダイエットするなどと言っても、どれぐらいの運動をどうやれば体重はへるか、脂肪はどうしたら燃焼効率が上がるかもわからないままでは、ダイエットも話になりません。

 運動してダイエットするのはどんなメリットがあるか

|ではダイエットにはどんなスポーツがあるのでしょうか

ダイエットのための運動は、持久系有酸素運動、筋力系スポーツ、球技の3つに大別される。

 

1、持久系有酸素運動

肥満の人の持久系スポーツには、平地歩行、坂道歩行、ジョギング、サイクリング、水泳などがあります。

 運動してダイエットするのはどんなメリットがあるか

2、パワースポーツ

筋力運動は主に筋力トレーニングを強化するために、運動方法を使用するために良い体力と肥満の人々のために適した脂肪を消費する効果的な運動である。

 運動してダイエットするのはどんなメリットがあるか

3、ボールスポーツ

体格の良い肥満の人はあまり激しい球技に参加できず、体力のない人は非競争的な形の球技しかできません。

 

運動してダイエットするのはどんなメリットがあるか

|ダイエットのための運動の効果とはなにか

1、新陳代謝を促進する

運動は、代謝の調節機能を回復させ、体の機能を刺激し、余分な脂肪を消費し、その結果、脂肪の代謝を促進することができます。

2 、脂肪質の形成を減る

脂肪細胞が薄く縮むように、血中の遊離脂肪酸とブドウ糖の筋肉利用が増加するように、筋肉運動; 一方、過剰な糖が消費され、脂肪に変換することができない、脂肪の形成を減らす。

運動してダイエットするのはどんなメリットがあるか

3、心血管系を改善する

運動は心筋の代謝を改善し、心筋の作業能力を向上させ、心臓の収縮力を強化し、肥満の人の心血管系の物理的負荷に対する適応性を改善し、心臓の負荷を軽減し、その結果、心血管系の機能を向上させるのに役立ちます。

4、肺の呼吸機能を向上させる

運動は呼吸筋の強度を高め、胸郭の活動範囲と肺活量を増やし、肺の換気とガス交換を改善し、ガス交換が促進され、より酸化が進み余分な脂肪が燃焼されやすくなるのです。

運動してダイエットするのはどんなメリットがあるか

5、胃腸の運動促進

運動は腹部内臓活動の調節機能を高め、胃腸の蠕動運動とその血行を促進し、腹部膨満感、腸の膨らみ、便秘、下肢静脈瘤、痔、眠気などの合併症を軽減させる効果があります。

6、脳の活力を高める

運動は大脳皮質の活動状態を調整し、精神を充実させ、肥満克服の自信を高める。

運動してダイエットするのはどんなメリットがあるか

 

|ダイエットのための運動に最適な時間帯

軽い運動は食後1時間、適度な運動は食後2時間、強度の高い運動は主食後3時間後に行うのが最も合理的です。有酸素運動の場合、週に3~4回ぐらいの運動をすればいいでしょう。

運動してダイエットするのはどんなメリットがあるか

効率的に考えると、複数の運動を入れ替わってやるのが、体に習慣をつけ難くなさせ、ダイエット効果を延長することができます。例えばフィットネスバイクなど主に全身の有酸素運動と足の筋肉に専念するスポーツは、縄跳びや上半身メインの運動と組み合わせるのがいいでしょう。

当記事のウェブサイト:https://www.zepan.jp/blogs/sports/s36
おすすめの記事

Related Posts

お茶出しのマナー、おもてなしを注目
社会人になると、ビジネスマナーや来客の対応などを学びますが、まず学ぶべきはお茶の出し方のマナーです。単にお茶を出すだけと思われがちですが、お茶の入れ方から出し方まで、細かいマナーが決められているのです。  日本にはさまざまなお茶があり...
Read More
茶葉によって温度が違う!日本茶、玉露はどう入れる
お茶をよく飲んでおられますか。私たちは普段お茶を飲んでも、じっくりと時間をかけて茶葉から抽出された日本茶の風味は格別です。実は同じお茶でも、淹れ方によって香りや味わいのバランスが大きく変わるのです。これがお茶の面白いところであり、奥深...
Read More
キッチンにおいての豆知識
キッチンに入ると、何をどうすればいいかわからない方もさぞおおくいるのでしょう。本日はキッチンにおおいてのいくつかの豆知識をご紹介します。一緒にチェックしましょう! |キッチンにおいての豆知識 フライパンを熱く、油を冷やして調理する ...
Read More