sports sharing

フィットネスバイクのエネルギー消費効率

2022/11/17
エネルギー フィットネスバイク 効率 消費

 フィットネスバイクは、有酸素運動と無酸素運動の組み合わせで、運動中のエネルギー消費だけでなく、運動後のエネルギー消費の持続と筋肉量の増加、その後の基礎代謝量の増加により、エネルギー消費と脂肪減少の複合的な効果を発揮することができます。

さらに、フィットネスバイクには単位時間当たりのカロリー消費効率をさらに高めることができる高強度運動と低強度運動を組み合わせた運動(HIIT)が行われるようになりました。

 フィットネスバイクのエネルギー消費効率

|フィットネスバイクはどれくらいカロリーを消費できますか  

一般的に、40~60分のフィットネスバイクで約500~600キロカロリー以上消費できると言われています。 これは、同じ時間のランニング、エリプティカル、ロードサイクリングよりも優れています。 ですから、フィットネスバイクがエネルギー消費の面で効率的であると言うことは、本来は何も間違っていないのです。

 フィットネスバイクのエネルギー消費効率

|フィットネスバイクの正しい調整方法  

フィットネスバイクには念入れに調整するべきもの。戦闘に入る前に、武器の使い方を覚えることを選択すべきです。結局のところ、私たちは運動するため、健康になるためにいるのであって、自分を傷つけるためにいるのではないのです。フィットネスバイクに乗る前に、まず目の前にある機器の次の3つのパラメーターを調整してください。

フィットネスバイクの何を調整すればいいかい?フィットネスバイクのエネルギー消費効率

フィットネスバイクには一般的に自分の腸骨と同じ高さ、つまりタイベルトの高さになります。 これは基本的に、一番下まで漕ぐと膝が20〜30°程度に曲がり、同時に3時の位置まで漕ぐと膝がつま先より高くならない状態で自転車に乗れるようにするものです。 そうすることで、サイクリングの全行程において、膝関節へのダメージが最も少なくなります。

 フィットネスバイクのエネルギー消費効率

フィットネスバイクには自分の運動ベースと腰の筋力と腰の健康状態によって、シートと同じ高さに調整することをお勧めします。良い運動ベース、強い腰の筋力、腰を痛めない、ハンドルを低くして、走行中の股関節の最大屈曲角を大きくして、より多くの腰の筋群を動員して発電とエネルギー消費に参加させることができます。

フィットネスバイクのエネルギー消費効率

フィットネスバイクには、初心者や腰の力が弱い人、腰の悪い人は、ハンドルを高く調整することで、腰部に負担がかかりにくく、スポーツ傷害のリスクも軽減されます。

 

フィットネスバイクにはシートの前に肘をつき、手のひらをまっすぐにして、指先をハンドルの平面に置く。 つまり、シートとハンドルバーの距離を、前腕の長さ+手の長さに設定することができるのです。

 フィットネスバイクのエネルギー消費効率

 

当記事のウェブサイト:https://www.zepan.jp/blogs/sports/s7
おすすめの記事