sports sharing

冬のような寒い日のフィットネスダイエットはどう気をつければいいか

2023/01/10
ダイエット フィットネス

冬場の体力づくりにも個人差があり、自分の体格に合った時期や運動プログラムを選択することで、より効果的な体づくりが可能になります。では、冬のような寒い日のフィットネスダイエットはどう気をつければいいか、一緒にチェックしましょう!

冬のような寒い日のフィットネスダイエットはどう気をつければいいか

冬のジムタイムは午後が望ましい

一般的なフィットネス愛好家は、早起きしてトレーニングに励んできた歴史がありますが、冬はあまり当てはまりません。科学的な研究によると、北国の冬に体を動かすのに最適な時間は、午後の14時から19時の間だそうです。

この時期は、外気温が高く、体自身の温度も高く、体が元気になり、興奮しやすいので、特に高齢者の方は運動に取り組みやすいと思います。例えば、14時から16時までは体力強化に適した時間帯で、筋肉の耐性が他の時間帯より50%高くなる。

17時から19時までは、特に太陽が西に沈むため、人体の運動能力がピークに達し、視覚と聴覚の感覚も敏感になる。

冬のような寒い日のフィットネスダイエットはどう気をつければいいか

一般的に、冬の寒い時期には、屋外での運動はなるべく日の出以降に行うように手配する必要があると言われています。

冬場は日の出前になると地表温度が下がり、大気中に放出される一酸化炭素や二酸化炭素などの汚染物質の含有量が早朝に多くなります。

また、自動車の排ガスから出る窒素酸化物や炭化水素、鉛などの有害汚染物質も地上に集まるため、早起きして運動すると煙や有毒ガスを大量に吸い込むことになります。

冬のような寒い日のフィットネスダイエットはどう気をつければいいか

このような環境で長時間運動すると、脱力感やめまい、喉頭炎など、かえって健康を害する病気になる可能性があります。

専門家によると、冬のフィットネス運動は室内で行うのが最適

フィットネスインストラクターは、冬のトレーニングは室内で、できれば毎日午後に行うことを勧めています。室内で運動するときは、朝・昼・晩に20分程度、定期的に窓を開けて換気するとよいでしょう。

冬に窓を開けると冷たい空気が入ってきますが、空気が入れ替わるたびに室内の空気中の有害ガスの60%が除去されるという実験結果もあります。また、できる人は空気清浄機や加湿器を購入し、空気を最適な状態に調整することができます。

冬のような寒い日のフィットネスダイエットはどう気をつければいいか

 

|冬のフィットネスにおける栄養

身体の準備としては、特に器具を使ったトレーニングでは、筋肉の緊張や関節の捻挫を避けるために、15分から20分のウォームアップが重要であると専門家は考えています。

また、運動前後の食事では、パスタ、オートミール、サツマイモ、ジャガイモ、鶏肉、卵、赤身の肉、魚、大豆製品などの炭水化物とタンパク質を補い、果物や野菜も適度に摂取することが必要です。

冬のような寒い日のフィットネスダイエットはどう気をつければいいか

|運動に関する注意事項

冬に運動した後は、風邪の予防にも気を配りましょう。服を着ないでしばらく涼んでいると、熱を放出した直後の体が強い冷気にさらされ、風邪をひいてしまうことがあります。

運動が終わって汗をかいたら、熱いシャワーを浴びて清潔な服に着替え、体を温めるか、シャワーがない場合は乾いたタオルで汗をおさえるとよいでしょう。

 

|推奨される運動プログラム

1、体力低下者の場合、フィットネス前の身体測定で、血圧や心拍数が普通の人より高く、体脂肪も18%(男性)、25%(女性)高いことをいう。

日常生活では、2階や小走りになると顔が赤くなる、仕事中に疲れを感じやすい、極端にイライラしたり落ち込んだりするなどの症状があらわれる。

フィットネスセンターに行った後に有酸素運動をアレンジすると、心拍数や血中脂質を下げ、血管の機能を高め、免疫力や病気に対する抵抗力を高めることができるのでおすすめです。

週3回の運動を推奨し、1回の運動時間は1時間程度で十分です。初めて行う方は30分程度、2カ月程度継続した時点で60~90分程度に時間を延長しても問題ないでしょう。

冬のような寒い日のフィットネスダイエットはどう気をつければいいか

初心者向けヨガ:

体力のない女性ボディビルダーに適したエクササイズで、軽くゆっくりとした動きで、内分泌系を整え、仕事や生活のストレスを軽減し、血行を促進する効果があります。

2、平均的な体力の人、つまり体重が150キロ以下の人は、体力はあってもスタミナや運動の持続力がないため、運動量や活動量が少し多くなるとめまいや腹痛、吐き気などの症状が現れ、長時間作業した後は横になりたくなり、動きたくなくなってしまうのです。

冬のような寒い日のフィットネスダイエットはどう気をつければいいか

フィットネスセンターに行くときは、やはり有酸素運動を中心に、ラテン系エクササイズやエアロビックコンバットなど、全身に効くプログラムを選ぶとよいでしょう。ただし、これまで運動をしたことがない人は、長い時間をかけて運動するのではなく、トレーナーの指導のもとで計画的に行うのがよく、3カ月を過ぎると、さまざまな体調の変化が見られるようになります。

ラテン運動:

一般的な体力の女性に非常に適しており、その有酸素運動効果と脂肪の損失効果が非常に良い、ラテン運動の訓練では、積極的にフィットネス人が簡単にフィットネス状態に入ることができるように、全身の運動細胞を動員することができます。

冬のような寒い日のフィットネスダイエットはどう気をつければいいか

3、体力のある人とは、よりエネルギッシュで体力があり、すべての検査指標が健康で正常である人を指します。仕事でも生活でも、疲れを感じにくく、常に無尽蔵のエネルギーを持っているように感じます。

物理的な品質が良いですが、フィットネスでは、筋肉を負担しないように、あまりにも多くの、あまりにも迅速に行使しないように注意する必要があります。

特にフィットネスセンターを入力する最初の時間は、運動時間の持続40分として可能な限り、3月6日にフィットネスは、60分、1年にフィットネスは、120分に時間を増やすことができ、時間が十分ではないことを感じた場合、適切なコーチの指導の下にすることができますするときに時間を増やすことができます時間が足りないと感じたら、トレーナーの指導のもと、時間を追加することができます。運動は1日お休みするのがベストです。

冬のような寒い日のフィットネスダイエットはどう気をつければいいか

フィットネスバイク:

フィットネスバイクは非常に激しく、最も多くのカロリーを消費し、よりエンターテイメント性が高く参加型であるため、運動の楽しさを増すだけでなく、心肺機能を高め、腹部や脚などの体型変化にも適しています。

 

冬のフィットネスの注意事項と推奨運動プログラムを理解し、同時にスポーツの熱意の所有で、科学的かつ合理的な運動の方向ではない、その後、この寒い冬に、私たちは幸せなフィットネスに一緒に来てみましょう!

当記事のウェブサイト:https://www.zepan.jp/blogs/sports/s43
おすすめの記事

Related Posts

ウォーターサーバーの便利なところ
ウォーターサーバーは、いつでもおいしい水が飲めて、すぐにお湯を使うことができますが、常に温度管理されているということは、常に電気を使うということです。そのため、電力コストに不安が残ります。 ウォーターサーバーの導入を検討されている方の...
Read More
お湯の温度で決まる茶の味、いい煎茶を入れるにはなにが必要
いいお茶を入れたければ、必ず必要とされるものがいくつかあります。それは例えばお湯の温度や茶葉の置き時間など、様々な条件によって影響されるものです。今日はお湯の温度で煎茶に対する影響を紹介しましょう。お湯の温度によって、お茶に成分が浸透...
Read More
美味しいお茶を入れるには何に気をつけるか
美味しいお茶はどうやって入れられるか、考えたことはありますか。お茶を入れるのはよく見かけるが、実はお湯の温度や茶葉の処理、選びなどにも関係は多々あります。それでは一緒にチェックしましょう。 |美味しいお茶を入れるには何に気おつけるか...
Read More