sports sharing

フィットネスバイクに乗るときの注意点

2023/01/16
フィットネス フィットネスバイク 有酸素運動

フィットネスバイクの正しい調整方法

サドルはやや高めに設定されています。サドルは膝が少し曲がるくらいの高さが理想的です。

膝が少し曲がるくらいの高さが理想的です。

最初だけ頑張ればいいんです。最初の90度(時計の3時の位置)までペダルを踏んだら、あとは力を抜いてください。

心拍数を測定する。減量目的の場合は、心拍数が120~130程度になるように強度を調整します。

60-80の速度を維持する。

20分以上漕いでください。余裕があれば、30分以上続けてみてください。

初心者の方は、週に合計80~90分を目安にしてください。

 フィットネスバイクに乗るときの注意点

フィットネスバイクに乗るときの注意点

有酸素運動はダイエットやストレス解消に効果的ですが、有酸素運動用バイクを使用する際には、いくつかの注意点があります。以下は、有酸素運動を行う前に目を通していただきたい有酸素運動の注意事項です。

 

フィットネスバイクでの注意点 (1) 体を揺らしながら漕ぐこと

体を揺らしながらペダルを踏むと、体の軸が揺れ、太ももや腰にかかるべき負荷が逃げてしまいます。疲れてきたら姿勢を正し、体幹に気を配りながら漕ぐとよいでしょう。

 フィットネスバイクに乗るときの注意点

フィットネスバイクでサイクリングをする際の注意点 (2) 立ち漕ぎ

立っていても、フィットネスバイクでのサイクリングの効果は上がりません。立ったまま漕ぐと有酸素サイクルの故障につながるので、必ず座ったまま漕いでください。

 

フィットネスバイクでの注意点 ③ 身体がリラックスした状態で漕ぐこと。

フィットネスバイクを漕ぐときは、肩の力を抜いてリラックスしてください。手はハンドルだけにしてください。

 フィットネスバイクに乗るときの注意点

フィットネスバイクの効率を上げるコツ

有酸素運動であるフィットネスバイクの脂肪燃焼効果を高めるには、筋トレと組み合わせるのがおすすめです。ダイエットメニューに有酸素運動と無酸素運動を組み合わせることで、筋肉量を増やし、基礎代謝を上げ、脚を引き締め、ヒップアップを図ることができます。

 フィットネスバイクに乗るときの注意点

また、フィットネスバイクでのサイクリングは、夜の空腹時に行うのがベストです。空腹時の有酸素運動は、脂肪燃焼効果が高いと言われています。それが難しい場合は、朝や夕食後2時間など、自分がやりやすい時間帯に行う。

 

当記事のウェブサイト:https://www.zepan.jp/blogs/sports/s46
おすすめの記事

Related Posts

茶葉によって温度が違う!日本茶、玉露はどう入れる
お茶をよく飲んでおられますか。私たちは普段お茶を飲んでも、じっくりと時間をかけて茶葉から抽出された日本茶の風味は格別です。実は同じお茶でも、淹れ方によって香りや味わいのバランスが大きく変わるのです。これがお茶の面白いところであり、奥深...
Read More
キッチンにおいての豆知識
キッチンに入ると、何をどうすればいいかわからない方もさぞおおくいるのでしょう。本日はキッチンにおおいてのいくつかの豆知識をご紹介します。一緒にチェックしましょう! |キッチンにおいての豆知識 フライパンを熱く、油を冷やして調理する ...
Read More
飲食における食事構造はどういうものがあるか
食事構造とは、ある集団の食事において、一定期間に摂取される植物や動物などの食材の種類と量、およびそれらの割合の関係を指す。 その国の食料生産と加工、国民の経済所得、食習慣、体質などと関係がある。 食生活の構造は、国民の栄養レベルを反映...
Read More