kitchen

キッチンにおいての豆知識

2022/11/28
キッチン 豆知識

キッチンに入ると、何をどうすればいいかわからない方もさぞおおくいるのでしょう。本日はキッチンにおおいてのいくつかの豆知識をご紹介します。一緒にチェックしましょう!

キッチンにおいての豆知識

|キッチンにおいての豆知識

フライパンを熱く、油を冷やして調理する

多くの人は、フライパンが少し熱くなったところで油を入れ、煙が出るまで燃やすと本物がおいしく食べられるのですが、そうした油が人体にとって非常に危険であることを知らないのでしょう。 植物油にはトランス脂肪酸がほとんど含まれていません。

ただし、トランス脂肪酸は油の温度が高すぎると発生することがあります。 例えば、かぼちゃのパンケーキ、フライドチキン、ドーナツなど、高温で揚げた食品には、トランス脂肪酸が含まれています。

キッチンにおいての豆知識

また、同じ油を繰り返し使用すると、トランス脂肪酸が生成されることがあります。 調理時に油を加熱しすぎたり、再利用したりすると、健康を害する可能性があるのでやめましょう。

そのため、まずはフライパンを少し煙が出ても良いので、とても熱くすることから始めます。 そして、油を入れた後、すぐに野菜を炒め物に入れることで、残酷な野菜の味に何ら影響を与えず、高温の油で炒めたのと同じ効果が得られ、よりヘルシーに仕上がります。

 キッチンにおいての豆知識

野菜を炒めるときは、強火を忘れないように

こうすると時間が早く、クルクル野菜に含まれるビタミンが失われてしまいます。 クルクル野菜に含まれる栄養素の多くは高温に弱く、特にアスパラガス、キャベツ、セロリ、ビート、キャベツなどの葉野菜は長時間炒めると風味が落ちてしまうのです。 野菜によっては、調理の過程で酢を数滴加えたり、とろみをつけたりすることで、ビタミンが失われるのを防げるものもあります。

 キッチンにおいての豆知識

ブランチングが必要な野菜は? ブランチのやり方は?

 ブランチングは、野菜の色を鮮やかにし、食感をシャキッとさせ、渋み、苦み、辛みを少なくし、殺菌効果も期待できる。

例えば、ほうれん草やセロリ、青菜などは、ブランチングすることで緑が濃くなります。 ゴーヤや大根は、湯通しすると苦味が軽減されます。 レンズ豆にはヘマグルチニンが含まれていますが、ブランチングによって除去することができます。

 キッチンにおいての豆知識

野菜を湯通しするときは、一般に熱湯を使う。

塩と油を加えることで、野菜の色がより鮮やかになり、栄養も維持できます。 野菜を熱湯に入れる前に塩を入れ、その後に油を入れると、塩の浸透圧で野菜に含まれる色素が十分に見え、油はある程度野菜を包んで水と野菜の接触を遮断し、水溶性物質の栄養を減らし、さらに野菜への空気、光、温度による酸化を抑えて、長時間変色しないようにすることができます。 もちろん、野菜が茶色くなるのを防ぐために、すぐに冷水で湯通しすることも可能です。

キッチンにおいての豆知識

ホットサンドメーカーには奇妙な使いどころがある

ホットサンドメーカーは普段朝のサンドイッチを作る頃だけに使いますが、実際、他にもビーフを焼くことも、パンケーキなどを焼くこともできます。おおくのホットサンドメーカーにはタイマーが付いており、

 

 

当記事のウェブサイト:https://www.zepan.jp/blogs/kitchen/s17
おすすめの記事

Related Posts

ウォーターサーバーの便利なところ
ウォーターサーバーは、いつでもおいしい水が飲めて、すぐにお湯を使うことができますが、常に温度管理されているということは、常に電気を使うということです。そのため、電力コストに不安が残ります。 ウォーターサーバーの導入を検討されている方の...
Read More
お湯の温度で決まる茶の味、いい煎茶を入れるにはなにが必要
いいお茶を入れたければ、必ず必要とされるものがいくつかあります。それは例えばお湯の温度や茶葉の置き時間など、様々な条件によって影響されるものです。今日はお湯の温度で煎茶に対する影響を紹介しましょう。お湯の温度によって、お茶に成分が浸透...
Read More
美味しいお茶を入れるには何に気をつけるか
美味しいお茶はどうやって入れられるか、考えたことはありますか。お茶を入れるのはよく見かけるが、実はお湯の温度や茶葉の処理、選びなどにも関係は多々あります。それでは一緒にチェックしましょう。 |美味しいお茶を入れるには何に気おつけるか...
Read More