kitchen

コーヒーを入れる際にはどうしたらいいか、入れ方をチェック

2022/12/09
コーヒー 入れ方

コーヒーを自ら入れる事は、経験したことはありますか。実は、コーヒー入れは様々なものに関係してあり、例えば水の温度、水の注ぐスピード、豆の出し時間などモロども関係があります。本日はコーヒーの入れ方を一つご紹介します。

 コーヒーを入れる際にはどうしたらいいか、入れ方をチェック

|ペーパードリップによる抽出

ペーパーフィルターは使い捨てなので、器具のメンテナンスは簡単ですが、コーヒーの抽出方法は味に影響します。

安定したおいしいコーヒーを提供するためには、ペーパードリップの基本を理解することが大切です。

ペーパーフィルターはお手入れが簡単で、コーヒーの油分や粉を取り除き、クリアな味わいを実現します。

 

豆の個性が簡単に、そしてダイレクトに表現され、一度マスターすれば、豆の種類によって自分で味をコントロールすることができます。

 コーヒーを入れる際にはどうしたらいいか、入れ方をチェック

 

まず、適量のコーヒーを用意する。コーヒーの量の目安:お好みで調整 1杯:10~12g 2杯:約20g 3杯:約25~30g 4杯:約35~40g

 

ペーパーフィルター

様々な形状がありますが、ここでは円錐形のものを紹介します。

ドリッパー

ドリッパーは注ぐスピードで味を調整できるのでおすすめです。

コーヒーサーバー

フタと取っ手は電子レンジ対応で、温め直しも簡単です。

粉体を平坦にする

挽きたてのコーヒー粉を使い、振って平らにする。

30秒蒸す

お湯を注いで、表面全体を湿らせる程度にする

ミドルドリップ

粉の中心に500円玉を描くように円を描くようにお湯を落とし、何杯目であっても3分以内に注ぎ終わるようにします。

コーヒーを入れる際にはどうしたらいいか、入れ方をチェック

今回は一般的なペーパードリップ方式を説明しましたが、このほかにもさまざまな抽出方法があります。上表に主な抽出方法の概要を示します。 抽出方法を変えることで、気分も変わります。また、ドリップは味だけでなく、コーヒーの再現性にも大きく関わってきます。今回、ペーパードリップに挑戦したのなら、もう一度ドリップに挑戦してみてください。

コーヒーのような水の温度にとても大事にしている飲み物は、入れる時の水温一つでフレームは変わります。ケトルでは把握づらい時があります。そんなときは水温をリアルタイムに調節可能なウォーターサーバーなどで、そのことを簡単にすることができます。参考にしてもいいでしょうか。他にも大切なポイントはたくさんありますが、また今度お話しましょう。

当記事のウェブサイト:https://www.zepan.jp/blogs/kitchen/s27
おすすめの記事

Related Posts

お湯の温度で決まる茶の味、いい煎茶を入れるにはなにが必要
いいお茶を入れたければ、必ず必要とされるものがいくつかあります。それは例えばお湯の温度や茶葉の置き時間など、様々な条件によって影響されるものです。今日はお湯の温度で煎茶に対する影響を紹介しましょう。お湯の温度によって、お茶に成分が浸透...
Read More
美味しいお茶を入れるには何に気をつけるか
美味しいお茶はどうやって入れられるか、考えたことはありますか。お茶を入れるのはよく見かけるが、実はお湯の温度や茶葉の処理、選びなどにも関係は多々あります。それでは一緒にチェックしましょう。 |美味しいお茶を入れるには何に気おつけるか...
Read More
水道水につなぐウォーターサーバーは使い易いか!
水道水を浄水するウォーターサーバーが欲しい!おすすめや人気のあるものはどれですか?と考えたことはありますか。浄水器のように、水を入れて補充するだけで便利に使えるウォーターサーバーがますます人気を集めています。 それはレンタルサービスの...
Read More