kitchen

お湯の温度で決まる茶の味、いい煎茶を入れるにはなにが必要

2022/12/19
お茶入れ 煎茶

いいお茶を入れたければ、必ず必要とされるものがいくつかあります。それは例えばお湯の温度や茶葉の置き時間など、様々な条件によって影響されるものです。今日はお湯の温度で煎茶に対する影響を紹介しましょう。お湯の温度によって、お茶に成分が浸透するタイミングが決まります。

 お湯の温度で決まる茶の味、いい煎茶を入れるにはなにが必要

|お湯の温度で決まる茶の味

お茶の味を決める成分は、大きく3つに分けられる。

(1)風味を決めるアミノ酸、

(2)渋味を決めるカテキン、

(3)苦味を決めるカフェイン。

この3つの成分は、温度によってお湯に浸透するタイミングが異なります。

 お湯の温度で決まる茶の味、いい煎茶を入れるにはなにが必要

(1)の風味を決めるアミノ酸は50℃前後のお湯に溶け始め、(2)の渋みを決めるカテキンや(3)の苦味を決めるカフェインは80℃前後のお湯に溶け始める。

 

これらの特性をうまく利用し、それぞれのお茶の良さを引き出すことが、おいしくお茶を入れるコツなのです。

 

50℃など低い温度で入れたお茶は、渋みや苦みが出る前に楽しむことができ、80℃以上など高い温度で入れたお茶は、渋みや風味があるお茶に適しています。

 お湯の温度で決まる茶の味、いい煎茶を入れるにはなにが必要

茶葉の香りは、低温よりも高温の方がより際立つ。

 

|煎茶ティーバッグの淹れ方

茶葉の量

1杯につきティーバッグ1個

お湯の温度

ポットのお湯を注ぐ。

徹底的に蒸し焼きにする。

時間が来たら、茶盆を手に取り、タグで3〜4回振ってください。

そっと引き上げます。

最後に、スプーンで茶葉を絞らずにそっと引き上げます。

 お湯の温度で決まる茶の味、いい煎茶を入れるにはなにが必要

 

1  茶葉を入れる。

(4g:小さじ2杯)

 

2  お湯をカップに移します。(湯温:80℃)

普通の煎茶の場合は、ポットのお湯をそのまま急須に注ぎます。

 

3  冷ましたお湯を注ぎます。

注入時間:約30秒

 

4  一滴一滴を絞り出すように、少しずつ均等に注いでいきます。

 お湯の温度で決まる茶の味、いい煎茶を入れるにはなにが必要

 

|キーポイント

プレミアム煎茶はアミノ酸が豊富なため、低温で淹れることで渋みを抑え、風味を十分に引き出すことができます。高級煎茶に比べ、普通煎茶は香り(アミノ酸)が少なく、渋み(カテキン)が多いため、低温で淹れると香りが出て、渋みも適度になります。

お湯の温度は、それぞれのお茶の風味を最大限に引き出すための重要な要素です。例えば、渋み成分のカテキンは80℃以上で溶解しやすく、風味成分のアミノ酸は50℃以上で溶解しやすくなります。

お湯の温度で決まる茶の味、いい煎茶を入れるにはなにが必要

煎茶の場合、渋みを抑えて旨味成分を引き出すために70〜80℃の温度で、旨味成分を引き出すべき炭火焼紅茶は50℃前後の低温でじっくりと抽出する。 一方、香りが特徴の玄米茶、ほうじ茶、中国茶(種類による)、紅茶は、100℃の熱湯を使って香りと渋みの成分を引き出している。

いいお茶を入れるには、湯冷めを待つ時間とピッタリの温度と良き水質が必要のため、温度調節のついた浄水器やウォーターサーバーの使用をもおすすめします。

渋みのある煎茶が好きな方や、緑茶の健康成分であるカテキンを効果的に摂取したい方は、カテキン含有量の多いお茶を選び、お湯で飲むとよいでしょう。

 

 

 

当記事のウェブサイト:https://www.zepan.jp/blogs/kitchen/s31
おすすめの記事

Related Posts

飲食における食事構造はどういうものがあるか
食事構造とは、ある集団の食事において、一定期間に摂取される植物や動物などの食材の種類と量、およびそれらの割合の関係を指す。 その国の食料生産と加工、国民の経済所得、食習慣、体質などと関係がある。 食生活の構造は、国民の栄養レベルを反映...
Read More
栄養バランスは食べ物において大事!健康のために気をつけるべき!
栄養バランスは食べ物においてどれほど重要かは皆さんはきっとご存知でしょうか。社会・経済の発展に伴い、人々の生活水準は向上し、特に食生活が豊かになりましたが、肥満、高血糖、糖尿病、高尿酸などの問題が続出し、人々の健康に深刻な脅威を与えて...
Read More
健康生活において栄養バランスの良い食事をどう取る
健康な生活を維持するためには、健康的な食事と適度な運動が不可欠であることは周知のとおりです。では、健康を維持するためには、何を食べればいいのでしょうか。バランスの良い食事を心がけることが大切だとわかっていても、漠然としたイメージしかな...
Read More